ホーム APOLLO SOUNDS
doux / 間を奏でる
ピアニスト林正樹が結成した新たな音楽ユニット「間を奏でる」のファーストアルバムがついにリリース!

■アルバム試聴動画


1 うつろひ
( music : 林 正樹)
2 十六夜
(music : 林 正樹)
3 水たまりの憧れ
(music : 磯部 舞子)
4 Through the blinking blue
(music : 林 正樹)
5 薄れゆく雲
( music : 堀米 綾)
6 電脳少女2
(music : 織原 良次)
7 間奏曲
(music : 林 正樹)
8 山眠る
(music : 林 正樹)
9 tortoise
(music : 小林 武文)
10 梅が香に
(music : 林 正樹)

■解説
2012年に結成され以来、継続して各地でライブ活動を行う。
アイリッシュ・ハープ、ヴァイオリン、フレットレス・ベース、パーカッション、そしてピアノという珍しい編成のユニット。
ジャズやクラシックなどの要素を感じさせながら、アンサンブルとインプロヴィゼーションが絶妙のバランスで表現され、特定のジャンルにとらわれない現代性と、叙情性溢れる美しいサウンドは、多くの音楽ファンから作品の発表が待望されていた。
ファーストアルバムとなる今作は自然なアコースティックサウンドにこだわり、レコーディングにワンポイント録音を採用。繊細な音使いが再現される事となった。
メンバーそれぞれがオリジナル楽曲を持ち寄り収められた「間を奏でる」の珠玉のアルバムを是非お楽しみ下さい!

■ミュージシャン
林正樹 (piano)
堀米綾 (irish harp)
磯部舞子 (violin,viola)
織原良次 (fretless bass)
小林武文 (percussion)

■林 正樹プロフィール
1978年東京生まれ。独学で音楽理論の勉強を中学時代より始める。
その後、佐藤允彦、大徳俊幸、国府弘子らに師事し、ジャズピアノ、作編曲などを学ぶ。
慶応義塾大学在学中の1997年12月に、伊藤多喜雄&TakioBandの南米ツアー(パラグアイ、チリ、アルゼンチン)に参加し、プロ活動をスタート。
現在は自作曲を中心に演奏するソロピアノでの活動や、自己のグループ「林正樹STEWMAHN」、田中信正とのピアノ連弾「のぶまさき」、生音でのアンサンブルにこだわった「間を奏でる」などの自己のプロジェクトの他に「菊地成孔とペペ・トルメント・アスカラール」「田中邦和&林正樹 Double Torus」「Salle Gaveau」「エリック宮城EMBand」「Archaic」「クリプシドラ」など多数のユニットに在籍中。
温かみのある感性を持って、独自の情感豊かな音楽を生み出している。
2008年「Flight for the 21st/林正樹ピアノソロ」、2011年「Crossmodal/林正樹STEWMAHN」を発表。
NHK「ハートネットTV」「ドキュメント20min」などの音楽も担当する。

doux / 間を奏でる
型番 APLS1407
定価 2,700円(税200円)
販売価格

2,700円(税200円)

購入数