ホーム APOLLO SOUNDS
Fox Wedding / The Modern Trio
日本+デンマークの最高級ブレンド・ピアノトリオ「The Modern Trio」のセカンドアルバム、待望のリリース!

1 SVIKING ( music:The Modern Trio)
2 FOX WEDDING ( music:The Modern Trio)
3 CATHEDRAL OF ATONAL ( music:The Modern Trio)
4 AFTER STRAVINSKY SLEEPS ( music:The Modern Trio)
5 BRIGHT DARKNESS ( music:The Modern Trio)
6 BELLS ( music:The Modern Trio)
7 MEETING IN PURPLE ( music:Anders Mogensen)
8 STREEET SIGNAL・TURN OFF ( music:The Modern Trio)

The Modern Trio
Hiroshi Minami : piano
Nils Bo Davidsen : bass
Anders Mogensen : drums
Studio : imusic studio Odense Denmark
2015 January 2nd

■解説 2013年8月にリリースされた『behind the inside』から2年、日本とデンマークの最高級ブレンドトリオ”The Modern Trio”のセカンドアルバムがついにリリース!
日本を代表するピアニストである南博が、デンマークのニルス・ダビドセン(ベース)とアンデルス・モーエンセン(ドラム)の二人とタッグを組んで、2013年に活動を開始。
前作同様、今作もデンマークにおいてレコーディングされた。
このトリオの演奏は、時空を自由に行き来する。
全体を覆うのはジャズの感覚だが、クラシック、ミニマル、フリー・インプロヴィゼーションの要素が散りばめられ、深みと実験的エネルギーのある作品になっている。
The Modern Trioの音楽は「音響と構造の出会い」と言えるかもしれない。
そこには遊びの要素が満ちている。
彼らは、90年代後半から00年代前半にかけてキャスパー・トランバーグとツアーやレ コーディングを行ったバンドのメンバーでもある。

■ プロフィール 
南博(1960年生まれ)/ピアノ
ジム・ブラック、クリス・スピード、菊地成孔や、伝説のジャズシンガーである与世山澄子と共演。
リーダー作も多数ある。
また、「白鍵と黒鍵の間に」「鍵盤上のU.S.A.」など の自伝で知られる文筆家でもある。

ニルス・デヴィッドセン(1966年生まれ)/ウッドベース
ジョン・チカイ、ティム・バーン、ボビー・プレビット、ジャンゴ・ベイツ、ドクター・ ユージン・チャドボーンと共演。
ILK(デンマークの音楽レーベル)の中心メンバーであり、モーンセンと一緒に世界中で演奏を行っている。
また、「When Granny Sleeps」というコペンハーゲンのフリーファンク・バンドにも参加。

アナス・モーンセン(1969年生まれ)/ドラム
ボブ・バーグ、デイブ・リーブマン、スティーブ・スワロー、レイ・アンダーソンと共演。
オーデンセにあるカール・ニールセン音楽アカデミーの准教授であり、ジャズ学部の学部長も務める。
欧州、米国、日本、ブラジルにてクリニックやワークショップも開催している。

Fox Wedding / The Modern Trio
型番 APLS1508
定価 2,700円(税200円)
販売価格

2,700円(税200円)

購入数